【へび使い座はどうなったの?】

いま実際黄道上にあるのは13星座!!

皆さんは覚えているでしょうか、約20年ほど前に“へび使い座”という星座が登場したことを。

 

星座占いといえば12星座占いが基本ですよね。

 

占星術が誕生した約2000年前に黄道上には、星座は12個しか存在しませんでした。

 

しかし現在の天文学に基づく星座区分だと、星座は13個存在しているのだそうです。

 

そこでとあるイギリスの天文学博士が“12星座で占う星占いは間違い。占うなら13星座を採用するべきだ”と主張し、へび使い座が登場するようになりました。

 

けど実際は・・・・・残念ながら(?)へび使い座はあまり定着することがなく忘れ去られる存在となってしまいました。

 

一時期増えた13星座占いもいつの間にかなくなって、再び世の中では12星座占いがメインで扱われるように(~_~;)

 

少数派ですがいくつかの星占いではいまだにへび使い座を含めた13星座で占うものもあるようです。

 

しかし12星座占いと13星座占いで対応する星座が変わってしまう、ヘビ使い座のみなさんには迷惑な話ですね(;^_^A