男友達は成立するの!?

境界線があいまいになるとヤバイ

恋愛関係である男性と女性と家族間の人たちは、その異性の人について同性の人と同じような気分のまま受容できるののか、否かということはことのほか無理のある状態でしょう。

 

異性の人だけで食事や、映画ということと、素直に上機嫌で送り出せないことが予想されます。

 

一般社会でで異性同士が共に年月、ところなどを共にしているわけですから、同性の関係も異性でも友達になるわけで、知り合った関わりのことを友達であると認めるのはさっぱり疑いの念もありません。

 

連絡先を交換した友が同性しかいないという場合の方が、どちらかといえば問題を感じます。

 

友達同士のクリアーなラインというものが出来ないということは、異性間の親友が成り立つだろうかという問題に、持って生まれた行動パターンというものを論理的思考で処理できるのかというような事案に深く関連性がありそうなのです。

 

両者に配偶者が存在していて幸せあふれる様子でいることなど、感情等があってこそ形成されるべきなのでしょう。