【思ってるのと逆のコトを言いたくなる症候群】

“悲劇のヒロイン”は努力で直る

 

あなたはつい、彼氏に思っているのと逆のことを言っちゃうことってありませんか?

 

例えば、別れたいなんて思ってないのに「もう別れる!」とか

 

デート中にケンカをして、帰りたくなんかなかったのに「もう帰る!」とか・・・

 

心当たりがある人は、悲劇のヒロインタイプの“逆のコトを言いたくなっちゃう症候群”かもしれません。

 

この症状を患ってしまうと、どんなに恋愛がうまくいっていても不満な点を探しだし、自ら不幸への道を進んでしまうのでご用心。

 

そっこうでこの症状を直すことをオススメします。

 

直すコツは“考え方を改める”ことです。

 

この手の女子はなんだかんだいっても基本的には自分のコトしか考えていないもの。

 

彼氏の気持ちになって、彼氏の幸せを一番大切にしてあげましょう。

 

そうすると自ずと、彼を追い込むような言葉の数々は出てこなくなり、がぜん恋愛がうまくいくようになります♪