宝くじの当選者は本当にいるのか?

宝くじの高額当選者は絶対に実在する、なぜなら・・・

あなたは宝くじの高額当選を疑ったことはありませんか?

 

私は今ままでなんどか、例えば宝くじで一億円を当てたひとなんて実在するのだろうか・・・?

 

と不思議に思ったことがありました。

 

がしかし、そんな疑いはやがて晴れることとなりました。

 

億や○千万とかではないのですが、うちの父親が2度短いスパンで

 

50万くらい宝くじで当てました。

 

50万程度じゃ人生が変わるほどじゃないので微妙ですが、でも当たったらやっぱり嬉しいですよね。

 

どうやら高額当選者は本当に実在するようだということが、父親の体験からわかりました。

 

なかなか当たらないもんだから、あたりなんか入ってないのでは?とつい疑いたくなってしまうんですが

 

宝くじのシステムを考えれば当然当選者がいるのは間違いのない事実だということがわかります。

 

それは、例え1億円以上の高額当選者が出たところで、別に販売元は十分すぎるくらいに儲かるからです。

 

むしろ困るのは、あたりが入ってないなんて噂が立って、宝くじが売れなくなった場合。

 

宝くじは高額当選が出ても毎年毎年しっかりもうかっているので、そもそも当選者を出さないなんてずるをする必要は全くないのです。

 

むしろ、当選者が出ないなんてことになり、みんなの宝くじに対する夢のイメージを失わせないために、しっかり当選者には当選金額を支払っていることでしょう。